08

January February March April May June July August September October November December
2018(Mon) 20:07

『二十日鼠と人間』@東京グローブ座

Live & Stage_V6

fc2blog_20181008200636fd1.jpgミヤケさん5年ぶりのストレートプレイ、10年ぶりの鈴木裕美さん演出作品『二十日鼠と人間』を観に、これまた久しぶりにグローブ座に行って参りました!!

大型の台風が接近中とあって、行けるのか!?たどり着けるのか!?帰ってこられるのか!?な不安な気持ちで天気予報を見つめること数日。
関西から乗り込むファンの気持ちが勝ったのか(笑)予想よりも台風が逸れてくれたので、カバンに忍ばせておいた折り畳み傘を使うこともなく。
むしろ暑いぐらいの快晴の中の遠征となりました。
青空に、憂いを帯びたミヤケさんが映える……。
FCでハズレ、唯一一般で取れたチケットだったので、ナニガナンデモ行かねばならなかったのだ!


ランチには、某モリタさんのたまごサンドを。
夕飯には、某ミヤケさんご贔屓のオムライス(他洋食)を。

発表された途端に界隈がザワついたグッズも無事に買えまして。
朝から晩まで充実の一日。充実の遠征。

チャンスがあれば大阪も…とは思うけど、大満足のまま余韻に浸るのもありかなぁと今は思っています^^。
久しぶりのグローブ座が健ちゃんのこの作品でよかった!!
やっぱり生で観る舞台は楽しかった!!
ありがとう!!!



------------

『二十日鼠と人間』

原作を読んでからの観劇だったので、衝撃の結末は分かってました…。

そこに至るまでのジョージ(健ちゃん)の心の動き。物語として描かれる前のレニーとの関係。心情。訪れた農場で出会う人々。

原作を読みながらもいろいろと想像し、目の前で繰り広げられる登場人物たちの会話に耳をすませ。
それでもやっぱり、あの結末には、ナゾが残る。
いろんな解釈が、ジョージの心の内が、想像できるから。

いや、単純に「ナゾ」という言葉では片づけられない、ジョージの心情。
何を想い、何を以て、あの結果を招く決断をしたのか。
そして、今後ジョージがあの結果を独りきりで抱えて、どのように生きていくのか。生きていけるのか。

何が正解かは分からないけど、もう一度原作読んでみようと思います。

頭も気持ちも耳も肌さえもフル稼動させて目の前で繰り広げられる人間模様に身を委ねる。
贅沢な時間でした。



テーマ: V6
ジャンル: アイドル・芸能

Edit Comments(0)