25

January February March April May June July August September October November December
2016(Tue) 22:31

キセキのハジマリ@ドリフェス

Live & Stage_V6

何とか…何とかチケット手にすることができまして…
テレビ朝日 ドリームフェスティバル 2016(2日目)に参加してきました。
もう無理かなぁ、、、と半ば諦めかけてたんですが、諦めなくて本当に良かった…!
改修前の代々木で、今年の、今の、V6の姿をこの目に焼き付けることができて、本当に良かったです…。
一緒に踏ん張ってくれたお友達にも感謝☆
また一つ、いい思い出ができました^^。

V6が国内フェス初参加というのなら、私もフェスと名のつくイベントに参加するのはお初。
服装は「動きやすいカッコ」といのはいつもと同じなんだけど、他アーティストさんたちも出演するフェスですから、ペンライトは?ウチワは?(御法度って声を多く目にしたので)と直前まで迷いに迷って…

以下、そんなこんなのフェス参加記録をば(超長いです)。
計6時間超の長丁場でしたけど、楽しすぎてあっという間の6時間。
心地よい疲労感と余韻に浸りながら、、、思い出しつつ書いてみます。

チケ取れなかった方にとっては、こんな舞い上がった感想は見たくも聞きたくもないかもしれないけど…
行けてなかったら、、、私はきっと、一切のレポからもV6からも目を背けていたかも、、、しれないけど…
でも、、、
せっかく行けたのだから、目で見て感じたことを率直に残したいと思って書いてます。
悪しからず…

------------------------

*テレビ朝日 ドリームフェスティバル 2016
10/23(日)2日目@代々木第一体育館 15:00~21:15

パンダTシャツにパンダペンライト(ともに2011年グッズ)で参戦しました。

V6
星野源
レキシ
PUFFY
エレファントカシマシ
いきものがかり
(敬称略、登場順)

登場順は知らされておらず、、、さぁ、ダレが来るの!?V6か?いや、V6はまさかのトリか?とドキドキワクワクしながら待っている11,000人(星野源ちゃん発表の数字)の観客の前に映し出されたトップバッターの写真と名前は…

V6!!!!!!(どーーーん!)
観客;ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

なんかね、トップで来るような気がしてたんですよ。
できるなら後半がいいなーとも思ったりしてたんですけど、トップで来そうなヨカンがしてたんですよ。←こういうヨカンだけは当たる
この時点で叫びすぎて、お隣りのVファンのお嬢さんたち(20代。恒例の点呼時に確認済み)共々、半分以上出し尽くした感アリ^^;。

MUSIC FOR THE PEAPLE
TAKE ME HIGHTER
Believe Your Smile
HONEY BEAT
(挨拶)
fAKE
will
SP<エスピー>"break the wall"
(着替え/MC)
Beautiful World
over
Walt for You
Darling
CHENGE THE WORLD
愛なんだ
WAになっておどろう


持ち時間40分とのことだったので(by健ちゃん)、7~8曲ぐらいかなって思っていたら、まさかの14曲!
V6王道のヒット曲、ファン以外でも耳にしたことはあるであろうメジャー曲に、ファンが好きないわゆるBサイドの曲を交えつつ、「V6」というグループを見せつけるようなセットリスト。キラキラアイドルな姿とオトナな魅力とダンスと…通常2時間程度のVコンをぎゅぎゅぎゅと50分に凝縮したような濃い時間でした。
振り起こしをしたといいつつも、パネルや映像を駆使して進化した姿を見せてくれた「fAKE」には、ファンならずとも会場中の視線が釘付けになったのではないかと。
Vコンのようにたくさんのレーザーを出せないようなことも健ちゃんが言ってたけど、歌とダンスとフォーメーションと照明の魅力で、物足りなさなんて全く感じる隙のない「SP<エスピー>"break the wall"」。
この「fAKE」から「will」を挟んで「SP~」までの素晴らしい流れ、あぁテレ朝のお偉い様でもジャ〇ーズのお偉いさまでも誰でもいいので(苦笑)、映像と生身がシンクロしたあの様子をぜひとも映像化していただきたい…っ。行けなかったファンのためにも、行くことができたファンの記憶のためにも、どうかどうかお願いしますm(__)m と、こんな辺鄙なところで叫んでみる。

実は「over」の時点で40分近く経過していたので、「あぁこれがラストの曲か。ラストにover持ってくるなんて泣かせる気か。」て思っていたら、おっとどっこい(古)、まだまだ行くぜーー(驚)。

私たちはアリーナのかなり後方列にいたんですけど、前方やスタンドが"ザワザワッ…"とし出して「なんでザワザワしてるの!?」と思っていたら…

トロッコ6台出てきたーーー(泣)。
しかも、後方に向かって動いてるーーー(号泣)。

Vコンみたいな花道もないしバクステもない、センターステージも前方に設置されてるから、私たちの席ははっきり言って「埋もれ席」のハズなのに…
そこまで、すぐそこまで、メンバーが来てくれた…(大号泣)。
トロッコが進んだ最後尾辺りにおりまして。ヒロシさんとイノハラさんのトロッコにはさまれていて、どっちを見たらいいのやら状態。なんて贅沢な状況なのでしょう。ヒロシさん、ロイヤルスマイルとお手振りありがとう♡目の前で見たよっちゃんのコマネチも忘れません…

そのトロッコは会場中央付近でカミセンの乗ったトロッコと入れ替わり、今度はこちらサイドにカミセンが。
カミセントロッコはそのまま前方に戻ってしまったけれど、まさか!こんなに近くまで来てくれるなんて…!!

私たちの頭に思い描くフェスのイメージを大きく覆す(ある意味)大胆なミヤケ演出、ジャニーズの王道を行くアイドル然とした姿でありながらもコンサート職人V6のパフォーマンスに、フェスというよりもすっかりVコンと化した代々木…。

これまでドリフェスに出演したジャニーズのグループ(ユニット)は、レポを拝見している限り、どちらかというとフェス用にセトリを組んだ印象を受けてたんですが、V6はバンドではないので…正攻法で胸張って「これがジャニーズです!」「これがV6です!」といういつもの(いつも以上の)セトリで勝負に出たんだな、、、と。

立ち位置間違って迷い子になっちゃった坂本さんや健ちゃんを見ていると、彼らも自分たちの挑戦がどう受け止められるか少なからず不安というか緊張があったのだと思います。
けど、V6が登場したあの瞬間、そしてパフォーマンスを繰り出すたびに、完全に会場全体をかっさらっていったように思えました。ファンの贔屓目でもなんでもなくて。Twitterでファン以外の感想見ていても、いちファンとしてとっても嬉しかった。。

フェスという意味では新参者でアウェーなV6でしたが、まぁかなりのVファンが入ってたのでアウェー感は薄れていたかもしれないけれど、Vさんの盛り上げ方も魅せ方もさすがとしか言いようがなくて。
ジャニーズのアイドルではあるけれど、他アーティストのファンの方々にも初ジャニーズの方々にも比較的好意的に受け入れていただけたのではないかな、ミヤケさんの作成は大成功だったんじゃないかな、と感じました。


実は今回、ドリフェス参加の記念に…と新しいウチワを作ったのだけれど、結局出しませんでした(写真右下のん)。
スクリーンに映し出される映像を見ていたら、手作りの、見慣れたウチワがけっこうたくさんありましたね。

フェスに参加する前、「他アーティストも出演するフェスにウチワは御法度」という意見もたくさん目にしました。本来はNGなのかもしれません。
でも今回は他アーティストのファンの方も特に気にしてないようにみえたし、会場全体で盛り上がれたし、V6出演時に限ってはナニガナンデモNGではなかったのでは?と今は感じています。←あくまで私の個人的感想です。次があったらまた迷うとは思うけど。稲穂もアリなんだしねぇ(苦笑)。

まぁ、そんな風に思えるのも、ひとえにV6のパフォーマンスの完成度の高さゆえ。
V6が会場全体を引き付けるパフォーマンスを披露したがゆえ。
代々木という慣れ親しんだ会場を上手く味方につけて地の利を活かした…ような気がしました。
本気のV6を見た…50分でした。
はぁ…やっぱV6スゲーよ。←結局はここ

*************************

他アーティストについてもざっと残しておこうかな。

・星野源
赤いママチャリで登場。仕事帰りのサラリーマンって体だそう(笑)。
「V6さんとレキシさん(どっちもハードに大騒ぎする)の間だから座っていいよ。」と、次に登場するアーティストをバラしちゃってましたけども^^;。
優しくも力強い歌声が素敵でしたー。

・レキシ
実は、お歌もお姿も、、、まったくもってお初のこのお方。
いやーーーーめっちゃ楽しかった!!
ウチらは"稲穂"は買わなかったんですけど、パンダライトふりふりしながら収穫しときました(笑)。だって"手"でも「稲穂に見えるから~♪」て「WA」の替え歌で歌ってらっしゃたしww
お歌がお上手な上に盛り上げ上手。この方のライブは絶対に楽しいだろうな~。

・PUFFY
あぁ懐かしい…。まさかPUFFYを生で拝める日がくるなんて…。
20周年ということですが、おめでとうございます。
20年前と変わらず、ゆる~く仲良く、でもパワフルに歌ってらっしゃいましたー。

・エレファントカシマシ
Vさんにハマッてなかったら、聞きまくってるだろうな~って思うバンド。だってめっちゃ好みの曲だもん(笑)。
「今宵の月のように」が生で聴けるなんて、これまた幸せでした。

・いきものがかり
最年少なのにトリだなんて…と謙遜しておられましたけど、すっごい楽しかったー。
デビュー曲の「SAKURA」から始まって「ありがとう」、そしてフェス開始から6時間を経過した一番クタクタな頃にタオルぶんぶん振り回す「じょいふる」をアンコールに^^;。

すんごい豪華なラインナップで、どのアーティストさんのパートも全部楽しくて。
普段触れることのないアーティストさんの楽曲やライブを堪能できるフェスっていいなー。
また機会があったらV6さんも出演してほしいな…て思います。
チケ争奪戦は大変だけど^^;。

今年V6が出演するということで、貴重な機会に恵まれました。
ホントにホントにありがとう♡



テーマ: V6
ジャンル: アイドル・芸能

Edit Comments(2)