03

January February March April May June July August September October November December
2014(Mon) 20:11

ウドウロク。

Diary

今日は朝からチャリで市内を駆けずりまくってました。
はい、、、素敵クリアファイルを目指してね。ま、出会えなかったので、また明日~なんですが。
そういや、明日発売の「女性自身」て6人が表紙ってなってましたっけ?コレ、関係あったりする?

我らが(?)有働さんが書かれた初めての本「ウドウロク(有働録)」読みました。


------------------

「クロい部分もシロい部分も包み隠さず書きました」という初の著書は、有働さんさんらしい軽快な口調でとっても読みやすく。読むスピードがかなり遅い私でもあっという間に読み終えてしまうほど、グイグイとココロを掴まれるような興味深い言葉が並んでいました。

そう意味では、面白かった、、、んだな、そうだな。
けど、私はこの本を読んで、、、かなーり泣きました。泣いて泣いて、頭痛く、目もパンパンに腫れるほどに^^;。

同世代の独身女性が書くリアルな言葉がココロに刺さるというか、身につまされることだらけで、、、。
もちろん、キャリアも何もかも全然違うんだけど、バブル後の社会で肩肘張って生きていくために、みんな同じような経験してるんだな、、、って思ったら、めっちゃ泣けてきて。←勘違いも甚だしいとお叱り受けそうですが。

それと共に、、、
コレ、どこまでが本心ですか?
と有働さんに問うてみたくなりました。

スミマセン、「包み隠さず書きました」と仰ってるのに、こんな感想、、、。
いつ校了したのか分かりませんが、有働さん、ムリしてあっけらかんとしたキャラで書いてませんか?と思わずにはいられなくて。。

ほら、少し前、イノハラさんが生放送中に問題提起した話題があったじゃないですか…アレに通じる部分もあるんだけど…
この本読んでたら、有働さん自身、この本の中でもムリしてませんか?と。
コレが本当に本来の姿だとしたら余計なお世話になっちゃうけど、、、あの時、イノハラさんの言葉を聞きながら、目を潤ませていた有働さんの姿を思い出すと、どうしてもこの本を読んで受ける印象がムリしているように思えてしまって。
イノハラさんが言った「その人(有働さん)がおもしろおかしく拾って返してくれるからって、何でもかんでも話振るのはどうかと思う。」って言葉を、有働さん自身はどう受け止めたのかな、と改めて聞いてみたくなりました。。

あの放送を見た直後、私は「好き勝手言う方も言う方だけど、そんな言われやすいキャラを作ったのは自分だったりするんだよな。」と自分の性格を省みたりして、、、
そうしていくウチに、イノハラさんの言葉って、、、
「何言われても、笑って拾っておもしろおかしく返さなくてもいいんだよ。イヤならイヤってちゃんと言わなきゃ。平気な振りしてると、相手には伝わらないよ。ネタにしてもらえてラッキーっていつまでも思ってちゃダメだよ。」と、
言う方、言われる方、双方に問題提起しているように思えてきて、、、。

そんな時に、この「ウドウロク」を読んだのでね。有働さんはどうなのかな、と。
スミマセン、かなりの曲解で^^;。
自分自身に置き換えてみると、性格的なものはそう簡単には直らないし直せるものでもないんだけど^^;。

有働さんとは一度じっくり呑んでみたいなー。
いや~私、有働さん大好きやん!
髪型も真似てるしー(笑)。

とにもかくにも、公共放送の社員でありながら、自叙伝を出版するなんて!
あの放送局のイメージをガラリと変えたことは間違いと思います!素敵!!
これからも、あの人懐こい笑顔で、毎朝イノハラさんの隣りで、笑う時は笑う、泣く時は泣く、伝える時はピシッと伝えてくださいませ!!
本の中ではイノハラさんの素敵エピも披露してくださって、我が身を省みるきっかけもいっぱい投げてくださって、ありがとうございました!!

毎日ご一緒しているワケじゃないけど、あんな素敵なイノハラさんと、その仲間たち5人に日々ドキドキさせてもらってるんだから、、、そりゃ自然とハードルあがりますわな。
ね、有働さん(笑)。




テーマ: 日々のつぶやき
ジャンル: 日記

Edit Comments(0)