10

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 21:22

官兵衛さま第32話と、手話19回目。

V6

台風11号に突っ込むように西へ向かい、実家に帰ってきました。一番酷い時間帯の新幹線予約してたという^^;。
乗車まで約1時間遅れ、途中徐行運転もありつつ、到着した時には1時間半遅れではありましたが、それでも無事に着いたのでヨシ!
時刻の変更にも逐一対応し、到着ホームも目まぐるしく変更しながら、乗客もその変更についていく。
日本ならでは、、、な気がするな。
管制センターみたいな所はどんなコトになってたんだろう。密着してみたい。←能天気すぎ^^;

↑な状態で移動してきたので、いつ実家に到着できるのか?だったワケで。
先兵衛さまに間に合ったらいいな…て思ってたんだけど、無事に間に合いましたー!!

そんな官兵衛さま第32話。
父上が、、、父上が、、、(泣)。
長政はまだまだ血気盛んな若者で、若かりし頃の官兵衛さまよりも青すぎる。おじじさまの最期の言葉で、オトナになってくれるといいのだけれど。

で、秀吉さんですが。
官兵衛さまを信用していないのではなく、警戒しているというか、ビビっているというか。が表情や目にありありと。
天下人に登りつめるとやはり堕ちることがコワイのか、疑り深くなってしまう典型だな、と。官兵衛さまは軍師としての務めを全うしてるだけなのにな。
何かが、少しずつ、ズレ始めている。そんな回でしたね。
秀吉さんたら、急に老けた気がするし。

健ちゃん手話19回目。
つ・い・に!健ちゃんのコスプレきたーーー(〃ω〃)
Dr.ミヤケ、きたーーーーヽ( ̄▽ ̄)ノ♪

って、白衣羽織って聴診器持ってただけなんだけど(笑)。

今日も今日とて、間違いない可愛さだったのに、後半にそんな飛び道具(笑)が飛び出したからお勉強内容はどこへやら~。
「病院」は覚えたから、ま、いっか。←





テーマ: V6
ジャンル: アイドル・芸能

Edit Comments(0)