11

January February March April May June July August September October November December
2012(Wed) 19:24

ツタンカーメン展~黄金の秘宝と少年王の秘密~

Diary

コレに行きたくて、本日有給(笑)!
16日(祝)まで期間延長されているので3連休に行くのもアリなんだけど、この3連休、京都のど真ん中は祇園祭で混み合うし、駆け込み来場も多そうな気がしたのでね。
今日は何もお当番に当たってなかった上に、急ぎの仕事もない予定だったので、これはチャーンス!とばかりに行ってきました^^。

その前に。
9時から生命保険の解約に。
今日の営業開始一発目のお客が解約希望って……げげげって感じだったろうな。
日本屈指の大手さんではありますが、全般的に接客対応は冷めた感じ。愛想も何もございませんでした。手続き5分で終了ですよ。あっさりしたもんですよ。まぁ色々解約理由聞かれても困るけどね(理由あり過ぎて/笑)。

で、9時過ぎには大阪に向かう電車に乗ったものの、、、会場の天保山特設ギャラリーに着いたのは11時前。
やっぱり遠かったー(^^;。
ちなみに、平日のこの時間(午前中)で「入場まで30分待ち」。
私が帰る頃(13時)は「40分待ち」でした。
週末に駆け込む予定の方、入場待ち列はもっと延びるでしょう。
屋外の列も屋根のある場所に並ぶので雨や日差しは防げます。が、建物内部に入ってからチケットもぎりまで、そしてチケもぎられてから入口の扉を開けてもらえるまで、、、けっこう焦らされます(笑)。
ようやく、ようやく…古代の秘宝とご対面でざいます。

時間があったら観に行こうと思ってた『アメイジング・スパイダーマン』は次週にでも(´・ω・`)。


------------------------------

最初に断っておきますが。
今回の展示物に「ツタンカーメンの黄金のマスク」はありません!
以前他国での展示会の際に損傷したとかで、それ以来国外不出とされているそうです。
黄金のマスクを見るためにはエジプト・カイロ博物館に行く必要があるワケですが、現在エジプト国内の治安の関係で、渡航制限が出ているのでね。生きてる間にこの目で見ることはなさそうだ……(苦笑)。

でもさぁ。↑の写真とかイベントタイトルとか見たらさぁ。黄金のマスクが来てると思うやんね~(はい。思っていたヤツです)。
ちゃんと「概要」を読めば記載されてたのかもしれませんけど、それでも期待するやんね~(はい。概要なんて読んでませんから)。
会場入口の注意書きを読んで一瞬「えーっ!?」と思ったものの、「そりゃそうか。」と妙に納得。黄金のマスクが来ていたら、もっともっとエライ騒動になっていたことでしょうから(笑)。

模型も多かったので、大英博物館で見てきたエジプトの遺跡群には及びませんけど、日本で、大阪で見られることに意義がある…(笑)。
黄金の飾りや王の厨子、カノポス壺、殻竿や王笏等々、数多くの品が来ていたわけですから、見応えはありました。せめて一体ぐらいミイラが来ていたら、なお良かったんだけど。

私的に一番いただけなかったのは、見に来ているお客さんのマナーというのかな。
みんな大きな声でしゃべりすぎ。気持ちは分かるが、いちいち「すごいなー」「これ何ー?」「へー。○○やてー。」と感想を述べたかと思うと、これまたいちいち説明書きを声に出して読む読む。自分で読むから、わざわざ読んでくれんでええよ、と何度振り返って睨んだことか(爆)。
かと思えば、エジプト古代史に詳しい人なんでしょうね。お友達にずーっと解説してあげてる方もいらっしゃって、、、思わず「アンタの解説聞きに来たんちゃうわ」って言いそうになりました(睨むだけで止めましたよ/笑)。
そういう人たちと離れてじっくり見たかったんだけど、30~50人ずつまとめて入場させられて、前もつかえてるからなかなか進めなくて…(で、出口までずーっと一緒のパターン(ーー;)。
これから場所を東京に移して開催されるワケですが、東京ではみなさん、できるだけ静かに鑑賞していただきたいな~と思います。
あ、これは関西だから、、、なのかしら(残念だけど)。

それに比べて、アルバイトさんたちだと思うけど、会場のスタッフさんたちの対応は素晴らしかったと思います。
長期間開催している間に、みんな慣れてきたとはいえ、入場待ち列、入口前での注意説明、会場内での案内、、、みんなみんなハキハキと、とても聞きとりやすい声で、聞きとりやすいテンポで、丁寧に……いやぁ~バイト教育が徹底されてるなぁ。。。と、変なトコロに感心して帰ってきました(笑)。

今回私は、会場で当日券を購入するかコンビニで買って行くか迷って、会場でムダに並ぶのもイヤだったのでコンビニで買って行ったんですけど。コンビニ発券のチケって味気ないのですよー。現地で購入するチケットがピクチャーチケットで、半券だけでも記念になるようなシロモノだからなおさら。
開催期間も終わりに近づいて、当日券売り場も全然並んでなかったので「現地で買えばよかった。くすん。」と思いながら、帰り際、チケ売り場付近に立っていたバイトクンに、ダメもとで、
「コンビニチケは味気ないので、何か記念になるようなチケなりチラシなりありませんか?」と聞いてみたところ、、、
「そうですよねー。当日券とデザイン違いすぎますよねー。ちょっと待ってくださいね。」といって上役さんに聞きに行ってくれたんです!
そんな風に感じていたのは私だけじゃなかったのか、これまでもそういうお客さんがいたのかは不明ですが、上役さんも快く↑(写真)のピクチャーチケをくださったんです!!「当日券のデザインとは違うんですけど…」っておっしゃってましたけど、いえいえ、充分すぎるほど充分でございますよっ。ありがとうございますっ。記念になりますっ。思い切って聞いてみてよかった~(*^^*)

お客さんの態度は××だったけど、会場のスタッフさんたちのお陰で気持ち良く鑑賞できたような気がしてます。
これ、大事ですよね!
さぁ!この後東京ですよ!
ものすごい数の入場者で、正直じっくりゆっくり鑑賞、、、とはいかないかもしれませんけど、せっかく日本に来ているのだから…足を運んでみてはいかがですか^^?


テーマ: 今日の出来事。
ジャンル: 日記

Edit Comments(2)