21

January February March April May June July August September October November December
2012(Sat) 23:50

御室桜と土ワイ

Yusuke.N

朝から雨かな~との予想に反し、午後までお天気もってくれそうだったので、朝から気張って今年最後のお花見に、仁和寺までお出かけしてきました。
今年も、、、スゴイ人出でした。。
桜の咲き始めは華々しいけど、散り際ってのはやっぱり儚く物悲しい。
桜吹雪に吹かれながら、ちょっぴりセンチメンタルになってみたり…(だから色々と考えたくなっちゃうのだろうか)。
また来年、御室桜を眺めに行けたらいいなと思ってます。

で、午後からはチキンタツタ@わさびタルタルを食べに行ったり買い物行ったり。
夕方帰ってきて、まずはお風呂に入って身を清め…(爆)、2時間がっつりTVの前にかじりついて観てました、土ワイを。。

-----------------------

『ミステリー作家 六波羅一輝の推理2 京都・陰陽師の殺人』

中岡クンが「八木 零」役で出演されてました。
去年、京都と鎌倉で撮影していた作品だったのだけれど、
どんな作品でいつ放送されるのかもいっこうに判らなかったし、
まさか、何らかの事情でお蔵入り!?
とまで思っちゃってたので、まずは無事に放送されて、その作品を観ることができて、、、ホッ。(苦笑)

「がっつりな役ではないから探してください」なんて言ってたけど。
いえいえどーして、かなーり重要な役どころ。
確かに、出演時間や台詞という意味ではがっつりではなかったかもけど、重要な鍵を握る人物。「八木 零」がいなければ、この物語は成り立たないんだモン。
役名を教えてくれていたので、登場(まずは名前のみ/笑)の瞬間から、息を飲んで見守ってました。
(オットコマエやなぁとか、やーん☆中岡クンの笑顔♪とか、不謹慎にも時々思ったりしながら/笑)

当初は別の役にキャスティングされる予定だったらしい。
その別の役、中岡クンだったらどんな風に演じたんだろう?って興味ももちろんあるけれど、今回は「八木 零」役にキャスティングされて良かったんじゃないかなーって、個人的には思いました。
ホント印象的な重要な役だったし、、、何より、似合ってた。
あの、中岡クンの優しい笑顔から一変する驚愕と緊迫の表情が目に焼きついてます。
きっと、、、この作品を観た多くの人の目に留った、、、と思いたい(笑)。

中岡クンの、また新たな一歩。
楽しませていただきました。
ありがとう。


Edit Comments(0)